練習日誌

滋賀大学空手道部の活動記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

滋和戦

・基本
・打ち込み
・形
・組手

6月27日に彦根市立西中学校で滋和戦が行われました。
詳細な戦績はまた後日お知らせしますがとりあえず結果は、女子2-1で勝利、
男子3-2で勝利、という成績で男女とも勝つことができて良かったです。
個々人反省点はあると思いますが、秋に向けて良い流れができたのではないかと思います。

今回の滋和戦ではたくさんの方々が応援に来てくださって嬉しかったです。
皆様本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/29(火) 00:39:19|
  2. 試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月15日日曜日 第31回全国国公立大学空手道選手権大会

11月15日に行われた全国公の結果報告です。
女子は初戦が大教大でした。
先鋒小林が6-0で勝利するも、後半その流れに乗れず、1-2で敗北してしまいました。
岡崎久米は来年、再来年は絶対勝てるように研究と練習をがんばってください。

男子は高知、浜松医科、九州工業を勝ち上がり、準決勝で東大に敗れました。
また、3位決定戦も弘前に敗れ、4位という結果になりました。

男女とも目標としていた優勝することができませんでした。
自分自身は悔いを残さないよう全身全霊をかけて臨んだ大会だったので、
悔しいという気持ちはあまりありませんでした。ただ、優勝したくて
厳しい練習をみんなでやってきて、優勝できなかったということはとても辛かったです。

しかし先輩方から「お疲れ様、よく頑張った」と温かい言葉をいただき、
本当に今まで一生懸命やってきてよかったと思えました。

応援に来てくださった先輩方、そして一緒にやってきた現役部員のみんな
本当にありがとうございました。
  1. 2009/11/18(水) 11:03:00|
  2. 試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月12日月曜日

第52回全関西大学空手道選手権大会が行われました。
結果は2部3位、1部昇格となりました。
詳しい戦績は全国公終了まで公開しませんが、
OBや関係者の方には【yankyo1988@yahoo.co.ジェーピー】まで連絡をいただければ
ご報告致します。面倒をおかけしますがご了承ください。

今回の結果は全国公に向け大きな自信となりました。
しかし各試合ではヒヤヒヤすることも多く、課題もまだまだ見つかりました。
残り1か月、目標に向かって頑張ります。
  1. 2009/10/13(火) 22:55:43|
  2. 試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月6日日曜日

9月6日は第1回関西学生空手道オープントーナメントでした。

以下は結果と感想です。

男子ジュニアクラス
村上 vs関西大学(初戦敗退)
村山 vs京都学園(初戦敗退)
野々垣 vs京都大学 vs神戸大学(2回戦敗退)
三輪 vs京都大学 vs兵庫県立 vs大阪商業大学(ベスト16)

男子シニアクラス
福島 (初戦シード) vs関西大学(2回戦敗退)

男子エクセレントクラス
森 vs近畿大学(初戦敗退)
岡田 vs大阪商業大学(初戦敗退)

女子ジュニアクラス
岡崎 vs神戸大学 vs大阪体育大学(2回戦敗退)
久米 vs関西大学(初戦敗退)

女子シニアクラス
小林 vs関西外国語大学(初戦敗退)

第1回目の大会で、帯によってクラス分けされた大会でした。
そのため実力を発揮できたものもおり、惨敗を喫したものもおり、
個人によってさまざまな感想を持つこととなりました。

やはり大会に出場すると強敵をみてモチベーションがあがります。
「あの選手をマネしよう」という目標などもできます。
しかしそれらは持続させなければ意味はありません。
全国公までなんどもいろんなビデオを見て、大会会場の雰囲気を確認しつつ練習に励んでほしいです。
これから合宿に入るので大会での反省をしっかり持っていきましょう。
  1. 2009/09/07(月) 23:06:38|
  2. 試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月18日、19日

7月18日、19日は正剛館大会でした。

以下はひとまずの戦績報告と感想です。
形は大学段外の部で1回生三輪が優勝、同じく1回生野々垣が3位となりました。
少ない練習時間でよくがんばったと思います。
まだ直すところも多いと思いますが、今後も形の試合の出場は続けてほしいです。

大学組手段外と女子組手無差別は苦戦を強いられました。
誰も勝ち進めなかったというのはとても残念です。
男子は人数的にもレギュラーを段外から出さなければならないので今後一層気を入れて
練習してほしいです。

大学組手有段では3回生森が3位、同じく3回生福島が優秀選手賞となりました。
しかしやはり格上の相手に対してなんとか食らいつくということができず、
不満の残る内容だったとおもいます。
「勝って当り前の相手」ではなく、練習量や経験上「勝てるはずのない相手」に勝つために
何をしなければいけないか考えさせられました。

先生方の講評では、上品すぎる、形にとらわれすぎていると言われたので、
もっとガツガツ攻めること、気だけは絶対に折れないことが大事だと思いました。

このあたりのことも踏まえてオフ明けにはまた全員で、全国公に向けて
一層厳しい練習をしていかなければならないと思いました。

最後になりますが一緒に出場し、アドバイスなどをしていただいた兼吉先輩、山田先輩、宮嵜先輩、応援に来てくださった上山先輩、ありがとうございました。
  1. 2009/07/20(月) 00:39:00|
  2. 試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。