練習日誌

滋賀大学空手道部の活動記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月23日火曜日

・基本
・移動(蹴りのみ)
・打ち込み
・ゆる組手
・組手
・形本番形式

本日は三輪先輩が練習に参加してくださいました。
今日も昨日と同じメニューで、サブ練としてゆる組手を行いました。
ゆる組手をやっている時は、連続技などがきれいに安定して出せている者や
間合いをしっかりはかれていたものが多かったように思います。しかし、カウンター
の練習としてはあまりうまくできていなかったかな、と感じました。
ゆる組手なので、もう少し落ち着いて相手を見て、場合によってはカウンターではなく
自分から攻める姿勢に早めに切り替えることが大切かと思います。
組手を見ていて感じたことは、まだ攻めきれていない者がいるのが残念です。
タイミングを考えることは大切ですが、考えて考えて、結局自分の技を出し切れずに
終わってしまったのでは、本番だったら悔しさしか残りません。絶対に。
熱くなりすぎて怪我をするのはもちろんいけませんが、それでももう少し思い切って
自分の技を出していってほしいです。
順調に自分の技を出せている者や、勢いのあるものは、その調子で自分のコンディションを
保ちながら練習していってください。

形については、自分は三輪先輩にすぐに直せるところを何箇所か教えていただくことが
できたので嬉しかったです。ただ、三輪先輩の形を見て、そのすごさに圧倒されて、
自分の形はなんて力のない、覇気のない形なんだ…と、どうしてもへこんでしまいます。
先輩に負けないくらいすごい形を打とう!と思えればもちろんよいでしょう。
しかしもう時間もありません。形は正直です。付け焼刃なことをしたってどうにも変りません。
そう思うと不安がどんどん膨らんで、自信がなくなってしまいそうでした…
それでも、いつもそばで藤山が応援してくれるのです。いつも支えてくれます。
弱気な私にパワーをくれます。もう弱音は吐いていられないと今更ながら強く感じました。
やれるだけのことを本番でやります。そのために、残り少ない時間を大切にしたいです。
組手も形も、2年半やってきたことをすべて出し切れるように。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/23(火) 23:36:22|
  2. 練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月24日水曜日 | ホーム | 10月22日月曜日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shigadai.blog77.fc2.com/tb.php/838-8bc00af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。